MENU

鼻の角栓の取り方 綿棒

「綿棒で鼻の汚れと角栓がとれまくる」とTwitterで話題沸騰したこの方法。

 

新しく何かを買いそろえる必要がなく、ご家庭にあるものだけで取りかかれるのは魅力ですね。

 

綿棒の使用方法

メイクはクレンジング剤などで丁寧に落とし、しっかりと洗顔をします。

 

通常通りに保湿を済ませた後に綿棒の登場です。

 

オーガニックオイルやエキストラバージンオリーブオイルなどの不純物の入っていないオイルを綿棒に湿らせます。

 

綿棒のオイルを染み込ませた部分を小鼻の上でコロコロ転がしたり、軽くなでるように綿棒を移動させていきます。

 

もし滑りが悪いと感じるようでしたら再度、患部に保湿クリームを塗り足してください。

 

特に目立つ角栓などの場合は2本の綿棒を使って優しく押し出すことも可能です。

 

 

注意事項

力の入れすぎにはくれぐれも注意してください。

 

オイル綿棒を当てた箇所が赤く腫れることがあるある場合は力の入れすぎです。くれぐれも優しく、撫でてあげる程度の力で対応しましょう。

 

オイルで角栓を取る場合はその後のケアが大切です。

 

オイルが顔に残ったままですとお肌のトラブルを招くこともあります。

 

たっぷりの泡で洗顔をすることをお勧めしますが、必要を感じたら2度洗いをして余分な油を落としましょう。

 

そして角栓が取れてクリアな状態の毛穴をキュッと引き締めるために最後は冷たい水で洗うことをお勧めします。