MENU

鼻の角栓はどうしてできる?

角栓とは?

 

毛穴の黒ずみ、気になりますよね。

 

特にTゾーンはテカってしまいがちなのに、その上、毛穴が黒く目立ってしまいます。

 

この黒いブツブツには「角栓」という名前があります。

 

角栓は毛穴の根本にある皮脂線から皮脂が分泌されたものと、皮膚の角質の剥がれたものが混ざり合って「角栓」となります。

 

 

皮膚の構造

顔の表面は皮膚で覆われていますが、皮膚は「真皮」と「表皮」の二層になっています。

 

表皮は真皮を外部からの刺激から守り、また、真皮が保持する水分を保つ働きをします。

 

さらに表皮の表面を皮脂がカバーすることで外部からの刺激や乾燥から守っているのです。

 

皮膚の細胞は、若い時には28日周期で生まれ変わっています。

 

皮膚の深くで作られた細胞は徐々に肌表面に上がってきて、やがて角質層として剥がれて落ちていきます。

 

この周期をターンオーバーと呼びます。

 

角質層は皮膚を外部の刺激から守ったり、肌の内部から水分が失われないようカバーする機能も持っています。

 

特に額から鼻にかけてのTゾーンは皮脂の分泌が盛んに行われています。

 

このエリアは皮脂線が大きいため皮脂の分泌が多いのです。

 

なぜ、皮脂の分泌が多いのかというと顔は常に露出していますから顔の毛穴、特に突出している鼻の頭の毛穴は外部からの細菌の潜入を防ごうとしているため皮脂の分泌が多いと言われています。

 

このように皮脂は外部からの細菌をシャットアウトし、角質も同様に外からの刺激を跳ね返すという役割をしていますが、この2つが混ざり合って毛穴に詰まると「角栓」となります。

 

 

角栓が毛穴に詰まってしまうのでしょうか?

毛穴の黒ずみ、角栓に気がついたら角栓を取り除かなくてはいけないというものではありません。

 

人間の自然の摂理で通常は皮膚のターンオーバーと共に自然に取れていくものです。

 

しかし、

・お化粧をした後にしっかり洗顔ができていないために
  お化粧の汚れが皮膚に残り汚れが皮脂などと混ざり合う

 

・脂っこい食事が原因で皮脂が異常に分泌される

 

・喫煙やストレス、夜更かしなどの生活習慣で毛穴が開く

 

・過剰なクレンジングや洗顔剤の使用、フェイスマスクなど
 善かれと思って行ったフェイシャルケアが皮膚を敏感にしてしまい
 過剰に角質や皮脂を生成する

など、様々な原因で毛穴の開きや・角栓が詰まってしまう原因を作っています。

 

その結果、以前より大きな角栓になってしまうこともあります。

 

また、角栓が落ちきらず肌表面に残っていると、角栓の表面が酸化して黒ずみになり、ますます目立つようになってしまうのです。

 

 

いちご鼻ってなあに?

いちごの表面を見るとひとつずつの種が綺麗に並んでいますが、種の部分が凹んで凹凸を作っています。

 

人間の皮膚も毛穴がポッコリと開き、中に角栓が溜まると、まるでいちごの表面のように凹凸を作ってしまうことに気がついていますか?

 

角栓がある鼻は、凹んだ中にポツポツと見える角栓が、いちごの種の部分のようになっていることから「イチゴ鼻」とも呼ばれます。

 

角栓があると不衛生に見えますし、ファンデーションで隠しても凹凸は浮かび上がってしまいますので、お肌のトラブルの一つになってしまいます。

 

 

 

わたしがビーグレンで理想の鼻のあたまを手に入れた1週間!